WordPress

【WordPress】見出しの使い方、効果について

見出しの使い方、効果について WordPress
スポンサーリンク

今回は見出しについて書いていこうと思います。

見出しとは?

見出し(hタグ)は、見出し1(h1)~見出し(h6)まであり、 検索エンジンとユーザーにコンテンツの構成を正しく伝えるための物です。

見出しの効果

見出しには
  • 読みやすさや、見た目などのデザイン面での効果
  • 目次の役割
  • SEO対策
等の効果があります。

読みやすさや、見た目などのデザイン面での効果について

見出しを付けることで読みやすさが変わってきます。
長い文章が単調に続くと読みにくいと感じませんか?
今、この事について解説している、とデザインが入ることで
視覚的に見やすい等とユーザーに感じてもらうことでユーザーが記事を読み進めやすくなります。
どれだけ詳しく解説を書いていても、
単調な文章が続くとユーザーは読みにくくなり、
読むのをやめて離脱してしまうかもしれません。

適度に適切な見出しを使用していくことが大切です。

目次の役割について

WordPressのcocoonではhタグを使用していくことで
自動で目次を生成してくれる機能があります。

目次があることによって、
記事に書いてある内容が大まかにわかる、気になる内容にジャンプすることができる等、
ユーザーにとって見やすさに加え、使いやすくなるというメリットがあります。

SEO対策について

見出しを適切に設定することで、
検索エンジンが記事の中身や構成を理解しやすくなり、
検索エンジンでキーワード検索を行った際に特定のウェブサイトを
検索結果の上位に表示させることができます。

WordPressでの見出しの付け方

ブロックエディタでの見出しの付け方

ここからはキャプチャを交えながら解説していきます。

赤丸で囲っている「+」をクリックします。

出てきたリストから「見出し」をクリックします。

クリックして出てきたリストから、
赤丸で囲っている「H2」をクリックし、
任意の見出しを選択することで見出しを作成することができます。

カスタムHTMLでの見出しの付け方

先ほどの左上の「+」からリストを開き、
一番上にある検索窓に
カスタム
と入力すると「カスタムHTML」が出てくるため、クリックします。

このような画面が出てくるため任意のタグを入力します。
例えば、H2タグを使いたい場合は、

というように半角の「<>」で「h2」を囲い、
見出しの文字を入力し半角の「</>」で「h2」を囲います。
閉じるときの「<>」には「/」が必要となるので忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、WordPressでの見出しの付け方について記事を書きました。
私はカスタムHTMLで記事を書くことが多いですが、
せっかくブロックエディタがあるので、
使いやすい方で記事や固定ページの作成を行っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました